千字文の読み方と意味#1~ 習い事・お稽古事は西麻布書院へ

以前のブログで、千字文とは何か、その成り立ちなどをお話ししました。

今日は、千字文の読み方(音読み)と、読み下し文、そして意味についてご紹介します。

千字文はその名のとおり、千文字あり、二百五十の四字一句からなる四言古詩です。それを一度に書くと膨大な量になりますので、7回に分けてご紹介しようと思います。

今日は1~36です。

 

1~18

天地玄黃(テンチゲンコウ)宇宙洪荒(ウチュウコウコウ)

 てんはくろくちはき、うちゅうはこうこうなり。

 天は玄(くろ)く地は黄色。宇宙は果てしなく広い。

日月盈昃(ジツゲツエイショク)辰宿列張(シンシュクレッチョウ)

 じつげつはみちかたむき、ほしぼしはならびひろがる。

 日はのぼり西に傾き月は満ち欠けする。星は星座に宿りが並び広がる。
寒來暑往(カンライショオウ)秋收冬藏(シュウシュウトウゾウ)

 さむさきたりあつさゆき、あきにおさめふゆにたくわう。

 寒さが来れば暑さは去る。秋に穫り入れ冬に蓄える。
閏餘成歲(ジュンヨセイサイ)律呂調陽(リツリョチョウヨウ)

 じゅんよとしをなし、りつりょはようをととのう。 

 閏(うるう)月で余った日数を整える。音曲を調子よく吹き鳴らせば陽気が整う。
雲騰致雨(ウントウチウ)露結為霜(ロケツイソウ)

 くものぼりてあめをいたし、つゆむすびてしもとなる。

 雲が起これば雨をもたらし、露が凍れば霜となる。
金生麗水(キンセイレイスイ)玉出崑岡(ギョクシュツコンコウ)

 きんはれいすいにしょうじ、ぎょくはこんこうにいず。

 金を産すは麗江の流れ、玉石を出すのは崑崙の山。
劍號巨闕(ケンゴウキョケツ)珠稱夜光(シュショウヤコウ)

 けんをきょけつとごうし、たまをやこうとしょうす。

 巨闕(きょけつ)という名剣と夜光の珠はともに至上最高の宝。
果珍李柰(カチンリダイ)菜重芥薑(サイチョウカイキョウ)

 かはりだいをちんとし、さいはかいきょうをおもんず。

 珍重果実はすももとからなし。重宝野菜はからしとしょうが。
海鹹河淡(カイカンカタン)鱗潛羽翔(リンセンウショウ)

 うみはしおからくかわはあわし、うおをひそみとりはかける。

 海は塩からく、河は淡白なものだ。魚は水中に潜り、鳥は空を飛び駆ける。

 

19~36 

龍師火帝(リュウシカテイ)鳥官人皇(チョウカンジンコウ)

 りゅうしとかていと、ちょうかんとじんこうと。

 龍の伏羲と火の神農、鳥の小皞(しょうこう)の三皇が世を治めた。
始制文字(シセイモンジ)乃服衣裳(ダイフクイショウ)

 はじめてもじをつくり、すなわちいしょうをきる。

 はじめて文字を作ったのは蒼頡(そうけつ)、上下衣服を作ったのは胡曹(こそう)。
推位讓國(スイイジョウコク)有虞陶唐(ユウグトウトウ)

 くらいをおしくにをゆずる、ゆうぐととうとうは。

 文字や衣服ができ秩序が定まってきたので賢者に帝位を譲った。陶唐(とうとう)氏が有虞(ゆうぐ)に、有虞が禹(う)に譲位したように。
弔民伐罪(チョウミンバツザイ)周發殷湯(シュウハツイントウ)

 たみをあわれみつみをうつ、しゅうのはついんのとう。

 民を哀れみ、周の武王は罪ある殷(いん)の湯王を討った。
坐朝問道(ザチョウモンドウ)垂拱平章(スイキョウベンショウ)

 ちょうにざしてみちをとい、すいきょうしてべんしょうす。

 玉座に座してただ治道を問う。衣を垂れ手をこまねいきながら天下治める。
愛育黎首(アイイクレイシュ)臣伏戎羌(シンプクジュウキョウ)

 れいしゅいつくしみそだて、じゅうきょうをしんぷくせしむ。

 名君は民を愛しみ育てる。外では蛮族を服従させ徳を天下に知らしめる。
遐邇壹體(カジイツタイ)率賓歸王(ソツビンキオウ)

 とおきもちかきもちをひとつにし、そつびんおうにしたがう。

 遠き近きも諸国が一体となり、地の果ての人々までも王に従う。
鳴鳳在樹(メイホウザイジュ)白駒食場(ハククショクジョウ)

 おおとりはきにあってなき、しろこまはにわにはむ。

 天下治まり名君がいる時は鳳凰(ほうおう)が樹で鳴き、王に意見を求めに来た賢者の白馬は草を食む。
化被草木(ガヒソウボク)賴及萬方(ライキュウバンポウ)

 かはそうもくをもおおい、らいはばんぽうにおよぶ。

 名君の徳化は草や木まで及ぶ。民の幸いは国々に満ちる。

 

 

参考になりましたでしょうか?

ではまた次回。(^.^)  

 

西麻布書院 代表  古川静仙

Seisen Furukawa / Head of Nishi-Azabu Shoin

 

この続き37~68はこちら

 

習い事・お稽古事がしたくなったら…西麻布書院へ

  

ホームに戻る書院ブログ一覧に戻る

上へ