古川静仙の徒然なるままに ~Looking back the year of 2017~

2017年の大晦日

あっという間に今年も暮れようとしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。

生徒の皆さん、今年も一年ありがとうございました。皆さんが頑張っている姿を見るにつけ、私も大いに励まされました。年に4回の検定試験も皆さんのほうが物凄く頑張るので、私はタジタジでした。段級もどんどん上がってきましたね。今年は4人目の雅号取得者が出ました。とても嬉しく思います。

皆さんにはトニー君も可愛がっていただき、お陰様でトニー君にとっても幸せな一年だったと思います。

さて、今年もいろいろありました。11月で西麻布書院を開いて丸5年が経ちました。皆様のお陰です。ありがとうございます。実はその時は超多忙で5周年のことは失念しており、後で気付きました。10周年記念の時は一緒にお祝いをしましょう!



今年一番大きなイベントは、夏に行った外国人220人の書道体験でしょうか。あの時は生徒の皆さんもお手伝いに駆けつけてくださり、ありがとうございました。

↓マイクを付けてステージに。緊張しました。

2017年の大晦日

↓220人分の道具の準備も大変でしたね。お手伝いありがとうございました。

また、夏は展覧会作品の締め切りと検定試験が重なって、文字通り熱い夏になりました。初めての書道合宿も行いましたね。

皆さま、よく頑張りました!

表装されると作品が更に素晴らしくなることがわかったことでしょう。どんなに素晴らしくなったかはこちら

11月には篆刻の展覧会、12月はカレンダー作りと年賀状書き、事務仕事と、年末まで忙しい日が続きました。

来年はどんな年になるでしょうか。来年もトニー君共々どうぞよろしくお願いいたします。

西麻布書院 古川静仙

ホームに戻る書院ブログ一覧に戻る

上へ