作品ピックアップ!#3遺訓~Today's pick up!#3 ~ 習い事・お稽古事は西麻布書院へ

今日のピックアップ!は大作品パート3です。

掛け軸は縦に長いので、全体の写真を撮ると、どうしても書いてある文字が小さくなります。

そこで、今日はここで大きな写真を見ていただこうと思います。

私古川静仙(ふるかわ せいせん)の書いた徳川家康の『遺訓』です。これで見えますか?

(スマホでは横向きにすると全体がご覧いただけます。)

 

仮名文字で書きました。遺訓という内容に鑑み、誰にでも読みやすい行書体で書きました。「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し…」まさにその通り、と思う人も多いのではないでしょうか。私もまさに同じ心境です。でも「急ぐべからず。」と続きます。まさしくその通り。これを一文一文読んでいくと、その全てに「まさにその通り」といちいち言いたくなるような名文です。

表装はプロにお願いして掛け軸に作ってもらいました。深い緑のとてもいい色の掛け軸です。作品の周囲はゴールドで細く縁取りされています。

この作品はショップで販売しております。縦が142cmですから、パート1とパート2でご紹介した作品に比べると、壁の天井近くから吊るす必要があるほどの長さではありません。幅は46cmです。

この作品をどこに飾ったらいいのか。自宅に飾って自分への教訓にしてもよし、また、オフィス(社長室や応接室)などにもオススメです。雰囲気がグッと引き締まります。それに人生を歩くのが辛くなった時には、これを見て読んで、またゆっくりと歩き出せばいいのです。

 

Today's pick up! #3

This piece of work written by Seisen Furukawa is on our shop. Since this piece's length is long, it's hard to see what is written on the picture on our shop.

Therefore, I pick up this piece today to show you as a bigger picture in order to see the details.

This is beginning with "The life of human is just like walking long way with heavy burden..." That's right. Really it is. But it is followed by "Never rush". That's right, again.

The length is 142cm which is 4'8", so this will perfectly match to your room, office, or meeting room.

The color of this Japanese hanging scroll is dark green which is very "chic" in French.

You will feel that the air chages by hanging this piece in your office or room.

You can see the detailed explanation what is written on this piece of work on our shop!

Enjoy!

 

西麻布書院 代表  古川静仙   

Seisen Furukawa / Head of Nishi-Azabu Shoin

 

習い事・お稽古事がしたくなったら・・・ 西麻布書院へGO!

 

ホームに戻る書院ブログ一覧に戻る

上へ