書作品をプレゼントに!松浦邑僊がご希望の言葉を揮毫します! ~ Shodo work for a present!

春、旅立ちの季節に人とは違う何か特別なものを贈りたい時、あなたは何を贈りますか?

西麻布書院では、名誉教授の松浦邑僊があなたのご希望の言葉を揮毫します。大切な人に、外国の友人に書を贈りませんか?

↑『温故知新(おんこちしん)』色紙。篆書(てんしょ)。隅丸の高級木製額。日本製。縁はダークブラウンの木製、内側は金縁。額縁サイズ42cm×39cm×厚み2.8cm。この写真はマットの色ベージュ。明るく優しい雰囲気。

↓マットの色グレー。ベージュよりシックな印象になります。

 

↓論語より『楽しむことこそ最高の境地』ペパーミントグリーンのぼかし色紙。サイズ同上。 

 隅丸の高級和額です。

 

↓禅語『桃花笑春風(とうかしゅんぷうにえむ)』。ビンクのぼかし色紙。額のマットはベージュ。

実物は写真よりいいです。

このように、好きな言葉を贈ることができます。どんな書体でも可能です。楷書・行書・草書・隷書・篆書・甲骨文・仮名があります。特に指定がなければ、その言葉に合った書体で松浦邑僊が創作します。もちろん全て直筆。世界でたった一つの特別なプレゼントになるでしょう。1~2週間程度でご用意できます。お急ぎの場合はご相談ください。西麻布書院での受け取りも可能です。他の書家さんで一文字一万円なんていうのもありますが、当院では文字数は関係なく、額縁代込みの良心的な価格に設定しております。また、1ヶ月ほど時間をいただければ大きい作品も対応可能です。詳しくはお問い合わせください。

お花は枯れたらおしまい。でも書作品は永遠です。就職祝い、結婚祝い、開店祝い、誕生日や古希などの記念日に書作品を贈りませんか?

当院で作品を直接ご覧になって購入したい方は、事前予約が必要です。問い合わせフォームかお電話03-3486-8301でどうぞ。

 

オンラインショップでも書作品を販売しております。

 

作品を揮毫するのは古川静仙の師匠でもある松浦邑僊(まつうらゆうせん)。略歴。

西麻布書院名誉教授。書法学院学院長。書道歴53年。29歳で堀野哲仙に師事し、最初から非凡な才能を発揮、わずか一年後に堀野哲仙の勧めで教え始める。以来五十有余年に渡り、書道の研鑽と門下生の指導一筋。楷書・行書・草書・仮名・隷書・篆書・甲骨文と、全ての書体が書ける超ベテラン書家。日本の書家で篆書や甲骨文まで書ける人少ない中、特に篆書と甲骨文を得意とする希少な書家。漢字六書体で千字文を自らの筆で書いたテキスト『六体千字文』を1999年に初版、2013年再版。1988年から書作展覧会7回、個展4回、書法学院展15回主催。現在82歳。まだまだ現役で教えています。

 

大切な人に書を贈ってみませんか?

 

西麻布書院

代表  古川静仙

 

出張レッスン、書道体験も西麻布書院

 

Shodo work as a present

You can order a piece of work as a special gift for you or for someone. My master Yusen Matsuura will brush a work only for you. It's not a copy but the original.

Or there are more pieces at our shop, so please visit our shop.

 

Thank you,

 

Seisen Furukawa / Head of Nishi-Azabu Shoin

 

 

ホームに戻る書院ブログ一覧に戻る

上へ